開発ストーリー

  • 01 なぜ、イー・ウーマンがサプリメントを?
  • 02 抗酸化酵素の研究データを集めました
  • 03 スタッフが試してみました
  • 04 イー・ウーマン ピアと調査・商品開発スタート
  • 05 薬事局の許可をもらいました
  • 06 メロンリペア、ついに発売!

02 抗酸化酵素の研究データを集めました

胃で溶けず腸までしっかり届く!

しかし、SODは酵素(生き物)なので胃や腸で不活性化してしまうため、普通に食べても効果がありません。この特別なメロンを食べても、食品は胃で溶けてしまうので、抗酸化酵素が機能しないそうです。
そこでバイオメーカーは、この特別なメロンの抽出物を胃で溶けないように小麦でコーティングする技術を開発し、腸まで届いて腸の壁面を刺激して、飲んだ人が自らの力で自分の体内にある抗酸化酵素を活性させることができたという説明です。このバイオメーカー等は3つの国際特許を出願しており、またヨーロッパやアメリカの研究機関でも熱心に研究され、そのデータもたくさんあるそうです。

特許01

SOD高含有メロンの品種特定、
及びメロンエキスの製造方法。

特許番号
特許第3467748号(1995年出願)

特許02

SODメロンエキスと
小麦たんぱく質 (グリアディン)を用いる製造方法。

特許番号
特許第3856825号(1996年出願)

特許03

GliSODin®の機能性と用途。

特許番号
特許第3875022号(1999年出願)

米国特許
US 6,045,809 A、US 6,426,068 B1

欧州特許
EP 0 804 225 B1

国際特許
WO96/21 462、WO99/35247 (PCT)

研究報告の集約
http://www.glisodin.org

抗酸化酵素の実験

抗酸化酵素の実験

抗酸化酵素に関する数々の実験

さらに、これまでの実績や研究データを調べたところ、欧米では大学や病院などでたくさん研究されており、いくつもの学術データや病院での利用例がそろっていました。世界エイズ研究財団(パスツール研究所)のノーベル賞受賞者、リュック・モンタニエ教授も研究協力していました。
抗酸化酵素に関する数々の実験データは、以下のようなものです。

  • 酸化ストレスから、細胞(DNA)を保護する実験
  • 動脈硬化の予防・改善に関する実験
  • 肌の炎症(日焼け)に対する実験
  • 肝硬変モデル(肝繊維症)に対する実験
ページトップ