開発ストーリー

  • 01 なぜ、イー・ウーマンがサプリメントを?
  • 02 抗酸化酵素の研究データを集めました
  • 03 スタッフが試してみました
  • 04 イー・ウーマン ピアと調査・商品開発スタート
  • 05 薬事局の許可をもらいました
  • 06 メロンリペア、ついに発売!

04 イー・ウーマン ピアと商品開発をスタート

3500名のイー・ウーマン ピアへ調査を実施

イー・ウーマンには、ピア(peer:仲間)という会員がいます。本名、住所、職業、年収、家族構成など個人情報を登録して、働く人の円卓会議(リンク)で学んだり、企業の商品開発に携わったりオンライン調査に協力したりして貢献しようというスマートコンシューマの集まりです。フルタイムで働いている女性が多く、忙しい中でも自らの知識や経験、体験を共有したりアイデアを出すことで、社会に貢献し、一緒に世の中をより良くしたいと考えている素晴らしい仲間です。

2003年5月、3500名のイー・ウーマン ピアに向けて
オンライン調査を実施。さまざまなニーズが寄せられました。

  • 「サプリメントは、何から作られているか素材が明確であってほしい」
  • 「1日に何粒も飲むのではなく、1粒で大丈夫というものがいい」
  • 「一つの粒が小さめのものがいい」
  • 「劇薬ではないのだから、毎日飲むことで、元気でいられるものがいい」
  • etc.

応募者100名以上から厳選された「開発チーム」

応募者100名以上から厳選された「開発チーム」

「サプリメント開発チーム」を発足!

イー・ウーマン ピアが参加するオンライン調査は、「定量調査で定性調査の品質」と評価いただくことが多く、たくさんのコメントや価値ある提案が集まります。今回は、オンライン調査と同時に「サプリメント開発チーム」の参加者も募集しました。すると、10人枠に応募が100名以上。じっくり良い商品を自分たちで作るには何度もミーティングが必要なこともあり、厳選された10名での開発が始まりました。

2003年8月から、いよいよ開発チームでの「ブレスト会議」が始まりました。イー・ウーマンの「ブレスト会議」は、多様な視点でたくさんのアイディアを出しあう会議です。今回は、初めての食品。数えきれないほどのアイディアが出ました。

お客様に安心して飲んでいただくためには

  • 「この難しい素材の良さをどのように消費者に伝えていくか。」
  • 「どんなパッケージがいいか。」
  • 「どんな商品名がいいか。」

商品コンセプトから、マーケティングのアイディアまで、さまざまな意見を出していきました。たとえば、「サプリメントは、派手なパッケージが多いが、ピンクの箱などだと自分の部屋には置きたくない。ちょっとおしゃれな箱がいい」「絶対に、箱にメロンの変化の写真があるほうがいい。わかりやすい」など。12日たってもしわにならないメロンの写真を商品パッケージに使っていいのは、イー・ウーマンだけ、というフランスのバイオメーカーからの許可をいただいたこともあり、パッケージに使用することにしました。

口に入れる食品を、「イー・ウーマン」が販売することについては、どうしたら一般のお客様が安心してもらえるか、ということも、皆で考えました。同時に、専門家の知恵を集結して、南フランスのメロンの素材だけではなく、12時間かけてゆっくり溶けるマイクロカプセル加工のビタミンCをさらに加え、全く新しい、イー・ウーマンのオリジナルサプリメントをつくることになりました。

様々な意見を出しながらのディスカッション

様々な意見を出しながらのディスカッション

ページトップ