ご愛用者様の声

目覚めのさわやかさは、疲れがきれいにとれている証
Yuko Matsumoto

Profile

作家・翻訳家 松本 侑子さん

作家として小説を書き、『赤毛のアン』シリーズの日本初の全文訳、またカナダ『赤毛のアン』ツアーなど世界名作ツアーの同行解説、全国各地での講演や講座、さらに日本ペンクラブ常務理事など多方面でご活躍中。51歳。

メロンリペア

栄養のバランスがとれた食事・運動にプラスして

健康管理は、よくいわれる通り、栄養のバランスがとれた食事、良い睡眠、運動を毎日、心がけること、そして『赤毛のアン』のような前向きな明るい心、それが一番大切だと思っています。私は家で原稿を書いている時は、有機野菜で三食手作りしますし、毎日6~7時間は寝て、ヨガや水泳、ウォーキングをします。ただ、年齢とともに、だれでも体力と免疫力は落ちていき、疲れやすくなったり、病気にかかりやすくなったりする傾向はあると思います。それを補うために、適宜、サプリメントを利用する。私の場合は、メロンリペアです。

松本 侑子さん

活性酸素が悪い働き方をして老化が進むことを知りました

メロンリペアを選んだ理由は、ポリフェノールが体にいい、コエンザイムQ10もいい、それは活性酸素の悪い働きをおさえるからだ、という記事をよく見るようになって、「活性酸素」って、何だろうと思ったのが、きっかけです。

毎日、ふつうに食事をして、運動をするだけで、体の中では、活性酸素が、悪い働きをして老化に進むと知って、ある意味でショックでした。もっとも、体内には、この活性酸素を無毒化するSODという酵素も作られていますが、この酵素は、加齢とともに減っていき、病気や老化につながるとされています。

松本 侑子さん

抗酸化酵素が活性酸素をおさえる!

メロンリペアのパッケージを見ると、ふつうのメロンと、長く置いても腐らずみずみずしいメロンの写真が出ていて、あれはわかりやすくて、衝撃的な写真ですね。

腐らないメロンは、活性酸素をおさえる抗酸化酵素が何倍も多くふくまれていること、この酵素を製品化したメロンリペアは、単なる抗酸化酵素SODではなく、自分の体のSODそのものを産出する働きのある「メロングリソディン」が入っていることと知って、飲むようになりました。

活性酸素の弊害をおさえる酵素SODを自分で作り、その血中濃度が高くなれば、全身のすみずみまで、健康的に、若々しくなるということです。老化は、だれしも避けがたい宿命ですが、それを遅らせて、疾病を防ぐ、という長期的な働きに期待しています。原材料が動物性由来ではなく、天然のメロンという点も、安心しています。

松本 侑子さん

目覚めがさわやかになり、肌はつやつやしてきた

飲み始めた最初のころは、朝、すっきりと目がさめることが、驚きでした。以前は〆切の原稿書きが忙しくて疲れがたまると、つらくて、なかなか起き上がれないこともありましたが、ぱっと自然に目がさめて、すぐに起き上がれるんです。目覚めのさわやかさは、疲れがきれいにとれている証です。

また、今は50代ですが、肌が若いころのようにつやつやしている気がします。エステや化粧品といった外からのケアも効果的ですが、体の中からのケアの方が、本質的な効果、全身への効果が高いからです。
これが当たり前になって、メロンリペアがなくなって飲まなくなってしばらくすると、朝、疲れて起き上がれないことがあり、メロンリペアの効果をあらためて実感します。そこで今では、ネットで定期購入して、途切れないようにしています。
食事・睡眠・運動、アンの明るい心、そしてメロンリペアで、これからも元気で仕事に励み、いろいろな趣味や活動も楽しみたいと思っています。

実は私は小麦にアレルギーがあり、パンや麺類などの小麦を毎日、継続して食べると、気道に粘液が出て、咳が出るのですが、少量のパンやパスタをたまに食べる分には、問題はありません。メロンリペアも、小麦が使われていますが、私は問題なく飲んでいます。

旅先々の写真

旅先にもメロンリペアは必須です

旅行にもメロンリペアは必須です。毎年、「松本侑子さんと行くカナダ『赤毛のアン』ツアー」に加えて、イギリス、イタリアなどの名作紀行ツアーも実施しています。海外旅行は、肌のストレスや時差による疲れもあるで、必ずメロンリペアを持って行きます。疲れを感じるときは、いつもより多めに2~3粒飲むようにしています。旅先でも、元気でいたいですからね!

ご愛用者様の声 TOPに戻る

ページトップ